本文へスキップ

福井大学子どものこころの発達研究センター


発達支援研究部門

1.本研究部門では、以下の研究を行っている。
○ 永平寺町で出生した子どもの発達に関する追跡調査
○ 養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築に関する研究
○ 視線計測検出装置を用いた発達障がいや愛着障がいの社会性評価に関する研究
○ 非侵襲的脳機能画像法を用いた発達障がい患者の高次脳機能検査
○ 発達障がいにおける各種遺伝子多型解析と治療反応性との関連性の検討
○ fMRIを用いた発達障がい・愛着障がいの神経基盤の評価システム開発
○ 児童虐待に代表される小児期のストレスが脳発達におよぼす影響と感受性期解析
○ 発達性トラウマ障がいと自閉スペクトラム症の鑑別に関する研究
○ 発達性ディスレクシアの読みの能力と知的能力の関係に関する研究
○ 被虐待経験を有する非行少年の神経学的リカバリーメカニズムの解明に関する研究
○ ヒト脳の発達における遺伝的および環境的な影響に関する研究
○ 発達障がい児のきょうだい支援プログラムの開発
○ 子どもの心的外傷関連障がい治療プログラムの多機関における効果検証と応用に関する研究
○ ADHDを持つ児童の母親を対象としたペアレンティング・プログラムの地域普及へ向けた 無作為比較化研究
○ 高次ストレス下での社会性機能の維持機構の解明に関する研究
○ 発達障がい児のきょうだい支援プログラムの開発
○ 発達障がいの客観的診断に有用なバイオマーカーの開発
○ 学習障がいの早期診断と早期支援方法の開発
○ 自閉スペクトラム症における睡眠障がいの病態解明と治療方法の開発

2.平成23年10月に開設した本学医学部附属病院「子どものこころ診療部」は、子どものこころの問題の診断・治療を専門とする、全国でも数少ない医療機関である。小児科、神経科精神科と連携し、発達障がいを始めとした「子どものこころのひずみ」とそれに伴う諸症状を解明することにより、こころの危機的状況にある子どもを救出し、支援することを目指している。




発達支援研究部門HPへ



脳機能発達研究部門  情動認知発達研究部門  児童青年期こころの 専門医育成部門










福井大学
子どものこころの発達研究センター

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL 0776-61-3111(代表)