NPO法人が仲介する「尿有機酸分析」と「血中アシルカルニチン分析」の検査は、改正医療法に対応するため
11月末日で中止となりました。
2019年1月より、上記検査は福井大学医学部附属病院「小児科代謝検査部門」で実施しております。

福井大学小児科では以下の研究検査を実施しております。

 ●尿中メバロン酸分析
 ●末梢単核球を用いた脂肪酸酸化能解析
 ●濾紙血(血清)中サクシニルアセトン濃度測定
 ●血中アロイソロイシン濃度測定
 ●血中アルギニノコハク酸濃度測定
 ●胆汁中アシルカルニチン分析

分析依頼

 ●メールでの事前連絡をお願いします。「研究検査依頼」と表記して下さい。

  → メールアドレス;yosuke@u-fukui.ac.jp 

   <緊急連絡:TEL 0776-61-3111(2316)>

 ●依頼書2018.12.01改訂)は所定の書式を使い、必ず検体と共にお送り下さい。
  (臨床情報はより正確なレポートに役立てることが出来ます)

   →→ 

検体送付

 ●必要検体量

検体
必要検体量
備考

尿
(有機酸分析)

2ml〜5ml
 要凍結
 (採尿困難の場合はご相談下さい)

乾燥ろ紙血
(タンデムマス分析)

ガスリーろ紙1枚
1(〜4)スポット

 平置して充分(2,3時間)乾燥後、
 ●単独ですぐ発送する場合は、速達で。
 ●発送まで時間がかかる場合は、冷凍保存

血清(血漿・胆汁)
(タンデムマス分析)

〜0.5ml
 要凍結
(血清は分離し、別容器で早急に凍結すること)

 ●送付先

   〒910-1193 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23
     福井大学医学部小児科
      代謝検査部門 

   検体搬送は医療検体を扱っている搬送業者「プラス カーゴサービス」
         (03-5394-1229、06-6474-6226)をお勧めします。

   発送は月〜金曜日午前中着でお願いします。土・日・祭日は受け取れません。
   尿、血清、乾燥濾紙血は宅配冷凍便でお願いします。
   濾紙血のみの場合は速達郵便でお送り下さい。

検査費用

 ●検査費用:無料です。

その他

 ●検査結果は検体到着後2週間以内に御報告致します。緊急性が高い場合はご連絡下さい。

 ●結果を学会発表・論文投稿される場合は、事前にご連絡下さい。