本文へスキップ

福井大学子どものこころの発達研究センター


センター概要

沿革

 子どものこころの発達研究センターは、子どものこころに関する基礎・臨床研究を推進するとともに、得られた成果等の社会還元を担うため、平成21年9月に福井大学大学院医学系研究科の附属センターとして設置されました。

 子どものこころの発達研究センターでは、平成23年4月より、大阪大学、金沢大学、浜松医科大学、千葉大学の「子どものこころの発達研究センター」と連携し、文部科学省より特別経費(プロジェクト)の支援を受け、5大学による「子どものこころの発達研究センターによる教育研究事業」を実施しています。 これは、脳発達研究、養育者の支援や子どものうつ病研究等に実績を持つ福井大学が、これまでの活動を基盤に、福井大学の特徴を生かし、子どものこころに関する研究などを他の4大学と共に大きく展開し、All Japanの教育研究体制にて、子どものこころの諸問題に取り組むものです。

 平成24年4月に全学化され、【 福井大学子どものこころの発達研究センター 】となりました。

 平成28年4月より、5部門体制から3部門体制に改組されました。
  ○こころの形成発達研究部門 ⇒ 脳機能発達研究部門
  ○発達脳機能イメージング部門・こころの発達開拓部門 ⇒ 情動認知発達研究部門
  ○こころの地域ネットワーク支援室・Age2企画 ⇒ 発達支援研究部門

 また、平成29年4月より、新しく【寄附研究部門】が設置され、4部門体制になりました。
    【寄附研究部門】児童青年期こころの専門医育成部門

組織

 子どものこころの発達研究センターには、センター長、副センター長(研究担当、社会連携担当それぞれ1名)の下、以下の4部門により構成されます。各部門にはそれぞれ部門長を置き、該当部門は、責任の明確な体制の下で活動を実施しています。

 各部門の詳細は、本ホームページの【 部門紹介 】をご参照ください。

脳機能発達研究部門
情動認知発達研究部門
発達支援研究部門
児童青年期こころの専門医育成部門

運営体制

 「子どものこころの発達研究センター」は「子どものこころの発達研究センター部門長会議」(委員長:センター長、委員:副センター長、部門等の長等により構成)とその下部に置かれる、「子どものこころの発達研究センター運営委員会」(委員長:センター長、委員:副センター長、部門等長、その他委員会が必要と認めた者により構成)で運営されています。
 「子どものこころの発達研究センター部門長会議」でセンター組織・活動方針の大枠等を決定し、その指示のもと「子どものこころの発達研究センター運営委員会」にてセンターの運営及び教育研究活動、社会連携活動等に関する事項を審議し、実質的な運営を担っています。




福井大学
子どものこころの発達研究センター

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月
23-3

TEL 0776-61-3111(代表)