本文へスキップ

福井大学子どものこころの発達研究センター


研究成果


子どものこころの発達研究センターの研究成果は以下よりご覧ください。
☆2016年度(平成28年度)より5部門体制から3部門体制に改組されました

【 2016年度(平成28年度)からの研究成果 】
部門名 研究内容・成果

脳機能発達研究部門

発達障害・神経科学の基礎研究、トランスレーショナル研究に従事。知能やこころの育ちの破綻と疾患を分子・細胞レベルで解明。

→成果はこちらをご覧ください。

情動認知発達研究部門

自閉症者の脳画像検査、バイオマーカー探求の臨床研究を推進。子どものこころや知能の育ちの障害を画像化・研究。

→成果はこちらをご覧ください。

発達支援研究部門

子どもの発達を支援するエビデンスを発信し、その成果を教育現場や子育て支援の現場に還元。Age2・永平寺町コホート事業も継承。

→成果はこちらをご覧ください。

子どものこころの研究発達センター【 研究業績一覧 】へ

【 2012〜2015年度(平成24〜27年度)の研究成果 】
部門名 研究内容・成果

こころの形成発達研究部門

知能とこころの育ちの破綻と疾患を分子・細胞レベルで解明する研究です。

→成果はこちらをご覧ください。

発達脳機能イメージング部門

養育者の育ちの解明と発達障害への対応に関する研究です。

→成果はこちらをご覧ください。

こころの発達開拓部門

子どものうつ病等の解明とその対応への研究です。

→成果はこちらをご覧ください。
こころの地域ネットワーク
支援室

地域支援ネットワークの構築と科学的療育・支援法の開発です。

→成果はこちらをご覧ください。

Age2企画

発達障害児の早期発見とその対応の研究、ギフティッド研究です。

→成果はこちらをご覧ください。

ENGLISH

福井大学関連リンク







UNIVERSITY OF FUKUI

医学部

医学部 附属病院

福井大学
子どものこころの発達研究センター

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月
23-3

TEL 0776-61-3111(代表)