学部概要

学部の特色

「人間形成を基盤に、生命尊重を第一義とする医の倫理を体得する」「高度な医学・看護学知識を修得した、信頼し得る医療人および研究者を育成する」「医学・看護学の進展、ならびに地域医療の向上に寄与する」。これら三つが本学部の教育理念であり、教育理念に基づき以下のようなカリキュラムを設定しています。

医学科

医学の円滑な学修を行うため、基礎医学と臨床医学とを有機的に関連づけた「統合型カリキュラム」を導入。課題探求・問題解決能力や、生涯にわたり学ぶ習慣を育てる「テュートリアル教育」も導入するなど、教育の質の向上に常に取り組んでいます。

看護学科

将来の職業選択に生かせるよう、選択科目の多い、ゆとりある教育を実施。医学部附属病院が主な実習病院であることから、最新の医療現場で充実した看護を学べるのも特長です。教員による、学生生活へのきめ細やかな指導体制も整っています。

本学が育成する医療人

  1. 幅広い医学・看護学知識、高度な臨床能力、優れたコミュニケーション能力と高い倫理観を持ち
  2. 日々進歩する医学・看護学知識・医療技術を生涯にわたり学ぶ習慣を身に付けた
  3. 患者中心の科学的根拠に立脚した医療が実践でき
  4. 地域や国際社会の健康増進と疾病の予防・根絶に寄与できる

――本学部ではこのような医療人を育成します。