医学系研究科

博士課程(改組前2専攻)

医科学専攻

医科学コース:分子生命医科学部門、高次生命医科学部門、生体情報医科学部門、 感染防御医科学部門、機能画像医学部門

自立して活躍する創造性と優れた研究・開発能力を有する研究者を養成します。教育内容は医科学・生命科学等の分野の専門的知識や遺伝子実験,タンパク解析,細胞培養技術などの実験手技のみならず,自立して研究を遂行するために必須である情報処理技術,論文作成法,発表法などに加え,法と医学,医療統計,臨床実験,感染制御,遺伝相談,知的財産,生物環境医学,医療工学,メディカル・インフォーマティクスといった広領域学問を「医科学基礎総論」,「実験基礎演習」,「医科学特論」,及び「先端応用医学概論」の受講により修得します。

先端応用医学専攻

腫瘍医学コース:生殖・周産期・腫瘍医学部門、腫瘍制御医学部門、重粒子線治療医学部門
器官再生医学コース:成長発達病態学部門、器官病態解析・制御医学部門
病態情報解析医学コース:病態情報・画像医学部門

地域社会や国際的レベルで主導的臨床研究を遂行できる高度医療職能を有した人材を養成します。教育内容は「腫瘍医学コース」,「器官再生医学コース」,「病態情報解析医学コース」の三つの「中心的分野」を整備し,臨床系領域教員を中心に基礎系教員も参画 した複数教員指導体制を採用して体系的に行います。また,医学医療の今日的重要課題である法と医学,医療統計,臨床試験,感染制御,遺伝相談,知的財産,生物環境医学,医療工学,メディカル・インフォーマティクスなどの広領域学問を,先端応用医学概論として共通必須基礎履修科目に設定し,専門分野に捕われない幅広い学修を行います。

博士課程(改組前4専攻)

形態系専攻 : 発生・分化部門、生殖・発育部門、増殖・腫瘍部門、画像診断部門

生殖、発生、分化、発育及び老化等の最も基本的な生命現象の機構並びにそれらの病的現象としての先天異常や悪性腫瘍の病理発生と診断を、主として形態学的手法で研究し、生体の構造や疾病の成り立ちを構造論的に攻究しうる研究者を育成する。

生理系専攻 : 神経科学部門、呼吸・循環部門、病態生理部門

生体における神経情報の伝達と制御、及び適応の機構、呼吸・循環に対する調節機構並びに各種疾患の病態を、生理学的、薬理学的及び臨床医学的に研究し、生体の機能を生物物理化学の面から総合的に把握しうる研究者を育成する。

生化系専攻 : 細胞生化部門、代謝・内分泌部門、遺伝部門、腫瘍動態部門

生体の代謝、調節の機構及びその病態並びに遺伝子及び遺伝性疾患等について分子生物学、細胞生物学、生化学、薬理学、内分泌学等の各方面から研究し、生体機能や疾病の本態を化学的及び動力学的方法論により多角的に解析しうる研究者を育成する。

生態系専攻 : 感染・免疫部門、環境・生態部門

人間と自然環境や社会環境との相互関係を微生物学、免疫学、疫学及び社会医学の立場から研究し、環境と疾病との関係を総合的に把握し、疾病の発生、予防及び保健に関する諸問題を広い視野に立って解明しうる研究者を育成する。