カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー

医学部

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

医学部の教育目標である「人間形成を基盤に、生命尊重を第一義とする医の倫理を体得し、高度な医学・看護学知識を修得した、信頼し得る医療人および研究者の育成」を達成するため、医学科および看護学科で定めた育成する人材像に沿った、医学部の特性等を積極的に活用しつつ、本邦における医学・看護学教育指針に準拠した教育課程を編成・実施します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、履修規程で定められた卒業に必要な単位・時間数を修得し、医師・看護師等の国家試験合格に必要な医学・看護学の知識・技能を有するとともに、医学科および看護学科で定めた卒業時までに修得すべき具体的な能力・技能等を備えた者に学位を授与します。

医学科

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

医学科では、教育理念・目標に基づき、①幅広い医学知識を持ち質の高い臨床能力を身につけ、②コミュニケーション能力に優れ、高い倫理観を持って患者中心の医療を実践でき、③日々進歩する医学知識・医療技術を生涯にわたり学ぶ習慣を身につけ、根拠に立脚した医療を実践できる、医療人の育成を主な目的とした教育課程を編成・実施します。さらに、④世界をリードする生命科学研究者・医学教育者となりうる、⑤個人と地域・国際社会の健康増進と疾病の予防・根絶に寄与し,国際的な視野でまたは地域に根ざした活動ができる、人材の育成を目的とした教育課程を編成・実施します。

具体的な教育課程の編成・実施は以下のとおりです。

  1. 本邦における医学教育の指針である「医学教育モデル・コア・カリキュラム―教育内容ガイドライン」に準拠し、ガイドラインの項目ごとに設定した授業科目で精選された基本的内容を重点的に履修させる教育課程を編成することを基本方針とする。
  2. 教養・準備教育(1年次)は、医学部における教養教育(導入、準備教育を含む)の目標・理念に基づき、医療人としてふさわしい倫理観、良識などを養うための「総合教育科目」、「基礎教養科目」、「医学導入教育科目」から編成する。さらに、医学専門教育の準備という視点から基礎科学系科目を統合し、「準備教育モデル・コア・カリキュラム―教育内容ガイドライン」に準拠した「医学準備教育科目」を編成する。
  3. 医療人として求められる、高い倫理観、コミュニケーション能力、安全管理能力、課題探求・問題解決能力などを涵養するための授業科目を6年一貫カリキュラムの中(1~6年次)に編成する。
  4. 臨床前教育(2~4年次)では、修得すべき基本的学習内容を教授する、基礎医学および臨床医学を関連づけて学習できる有機的連携のとれた「統合型科目」を必修科目として編成する。これと併設し、より専門的あるいは広範囲な関連する学習内容を教授する、「アドバンストコース」を編成する。さらに、「研究室配属」を含め、これら臨床前教育科目では医学・医療の基盤として医学研究があることを理解し、研究マインドの涵養を図る学習内容も教授する。
  5. 臨床実習前に身につけておくべき医師としての態度・診察技能、診断と治療の基本的内容を教授する、「診療の基本」等を4年次に開講する。なお、臨床前教育における達成状況は共用試験(CBT、OSCE)によって検証する。
  6. 臨床実習(クリニカルクラークシップ)は、「実際の患者に当たって、患者の有する身体的・精神的・社会的問題点を的確に把握し、その各々について患者に適切な処置および指導を与えることができるようになるための基本的な医学知識・技能および医師として患者に接する態度を身につける」ことを基本的目標とし、この目標に沿って診療参加型臨床実習や関連地域医療機関での実習などを導入した「臨床実習」(5年次)および「卒前臨床医学研修」(6年次)から編成する。また、臨床実習で修得した基本的な医学知識・技能を基盤として実践的な臨床能力がさらに向上するよう、疾患別の系統的な学習のための「実践臨床病態学」(6年次)を開講する。なお、実践的な臨床能力等の修得状況は全臨床系科目について実施されるクリニカルアセスメント(最終試験)によって検証する。
  7. 医療・医学研究の場で活用できる英語力を涵養する「医学英語科目」(1~4年次)を教養・準備教育科目、臨床前教育科目に併設し、開講する。
  8. 地域医療への意欲を涵養し、地域に根ざした活動に資する知識・技能を教授する、地域医療に係る科目を6年一貫カリキュラムの中に編成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医学部医学科では、教育理念・目標に基づき、「①幅広い医学知識を持ち質の高い臨床能力を身につけ、②コミュニケーション能力に優れ、高い倫理観を持って患者中心の医療を実践でき、③日々進歩する医学知識・医療技術を生涯にわたり学ぶ習慣を身につけ、根拠に立脚した医療を実践できる」医療人にふさわしい医学能力・技能等を修得した者に学位を授与します。

所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、履修規程で定められた卒業に必要な単位・時間数を修得し、クリニカルアセスメントに合格することが学位授与の要件です。

卒業時までに修得すべき具体的な能力・技能等は以下のとおりです。

  1. 医療人としての知識・技能
    ①医師国家試験の合格に必要な医学知識を修得している。
    ②基本的な医療行為を安全に実施できる医療技能を修得している。
  2. 医療人としての態度・姿勢
    ①患者中心の医療を実践できる医療人にふさわしい高い倫理観や良識を備えている。
    ②チーム医療の一員として、患者・家族やチーム構成員と良好な関係を構築できるコミュニケーション能力を備えている。
    ③都市部から辺地までを包含する地域医療における医療の担い手としての自覚を備えている。
  3. 医療人としての総合的能力
    ①患者の有する身体的・精神的・社会的問題点の的確な把握と問題解決のための適切な処置・指導の選択に基づく、根拠に立脚した医療を行える基本的な実践能力を備えている。
    ②医療現場や研究活動で活用できる基本的な英語運用能力を備えている。
  4. 医師としての向上する意欲
    ①医学・医療の進歩や社会的ニーズの変遷に的確に対応し自らを常に高めるよう、生涯にわたり学習する意欲・態度を備えている。

看護学科

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

<体系的な教育課程>

 医学部看護学科の教育課程は、共通教育科目(入門科目、基礎教育科目、共通教養科目)、専門基礎科目(看護外国語、生命基礎科学、健康科学、環境科学)、専門科目(基礎看護、健康時の看護、健康障害時の看護、臨地実習)、卒業研究で構成されています。共通教育科目では、将来のキャリア開発などに繋げられる初年次教育や幅広い知識と教養、豊かな人間性、高い倫理観を身につける教育を行います。専門基礎科目及び専門科目では、医学と看護学の理論と実践を科学的に追求し、高度な専門知識・技術を総合的に教育します。
 国内外の保健・医療・福祉に関心を持ち、グローバルな視点にもとづく健康課題を学び、被ばくなどの災害時や、国際的な支援活動の看護のあり方と方法について教育します。人類の健康と福祉の増進を目的としてヒューマンケアリングにもとづいた、調整能力、コミュニケーション能力を有する人材の養成を目指します。
 さらに、臨床的知見を踏まえた看護学研究の方法を学ぶことを通して、生涯にわたり看護学を追究する基礎的能力を養います。

<効果的な教育方法>

 シラバスには当該授業の予習・復習を明記し、学生が主体的・効果的に学修できるように支援します。
 臨床における実践能力を育成するために、医学部附属病院をはじめとして地域の様々な保健・医療・福祉施設の協力のもとで教育・研究を行います。

<厳格な学修評価>

 明確な到達目標と透明性のある評価方法に基づき、各科目の成績評価を行います。カリキュラム全体を通した達成度の評価についても、予め定められた基準を用いて多面的かつ厳格な評価を行います。

<改善のための教育評価>

 看護学教育をより良いものとしていくため、教育の内容・方法・成果に対する組織的な評価と検証を行い、継続的な改善に努めます。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 看護学科では、教育理念・目標に基づき、高い倫理観と高度な専門知識・技能を有し、グローバル社会において、高度専門職業人として活躍でき、地域社会のニーズに対応できる能力を修得したものに学位を授与します。

  1. 看護職者としての知識・技術
    ① 看護職者に必要な専門分野の知識を修得する。
    ② 環境や対象者の状況に応じた看護を実践するための基本的な看護技術を修得する。
    ③ 対象者の身体的・精神的・社会的問題について的確に判断し、問題解決のための計画・実施を行い、自らの看護ケアについて評価する能力を有する。
  2. 看護職者としての態度・姿勢
    ① 看護職者にふさわしい倫理観と良識およびコミュニケーション能力を備える。
    ② 看護の対象となる人を全人的にとらえ、ヒューマンケアリングを実践する能力を有する。
    ③ チームの一員として、協働できる協調性と、対象者、家族、チーム構成員と良好な関係を構築できる対人関係能力を備える。
  3. 地域医療を実践する能力
    ① 地域社会における健康課題を多職種と協働して解決に取り組む能力を備える。
  4. 看護職者としての総合的な能力
    ① 医学・看護学の進歩や社会的ニーズの変遷に対応し、より良い医療・看護を主体的に追究し創造できる能力を備える。
    ② 自己のキャリア・マネジメントを効果的に行う能力を備える。
    ③ 災害看護や国際看護など、グローバルな視点で活躍する看護職者としての基礎的能力を身につける。

医学系研究科(修士課程)

教育課程の構成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

医学系研究科修士課程では、教育理念・目標に基づき、豊かな人間性と幅広く高度な看護理論・技術を有し、高度専門的看護ケア実践能力を備えた看護職のリーダーとなる人材を育成することを目指した教育を行います。また、地域保健医療福祉に貢献できる看護職、及び看護学を体系化・深化される研究を遂行できる指導的役割を担う教育・研究者を養成することを目的として教育課程を編成・実施すると共に、学位論文等の作成に必要な指導を行います。

 修士課程では,

① 基礎看護学領域においては,あらゆる看護場面に共通した看護技術と看護理論に関する研究を学ぶ。
② 地域看護学領域においては,生活者としての個人,家族,集団が健康な生活を送るための地域ケアシステムの構築について研究を通して学ぶ。
③ 成人看護学領域においては,慢性病患者の生活と病いの体験,手術・救急・災害などクリテイカルな状況における看護の役割,がん患者の理解とQOLについて探求し,対象理解を基盤とした看護ケアに関する研究を学ぶ。
④ 老年看護学領域においては,高齢者の発達特性を基盤に,自分らしい生活の維持やQOL向上に向けたケアを探求し,自律に向けたセルフケアおよび家族支援などの研究を学ぶ。
⑤ 母子看護学領域においては,母子を取り巻く健康問題や心身の健全な育成,助産師活動評価,周産期看護など,女性と家族のライフサイクルを視点とした研究を学ぶ。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医学系研究科修士課程では、教育理念・目標に基づき、豊かな人間性と幅広く高度な看護理論・技術を有し、高度専門的看護ケア実践能力を備えた看護職のリーダーとなる人材、および、地域保健医療福祉に貢献できる看護職及び看護学を体系化・深化される研究を遂行できる指導的役割を担う教育・研究者に学位を授与します。
所定の期間在学し、研究科のカリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、履修規定で定められた卒業に必要な単位を修得した者で、必要な研究指導を受けた上で、修士論文または特定の課題についての研究成果に対する審査および最終試験に合格した者に学位を授与します。

卒業までに修得すべき具体的な能力・技能等は以下のとおりです。

  1. 対象者を総合的に理解する豊かな感性と、専門性の高い領域で高度な看護ケアを実践する
    ための専門的知識を備えている。
  2. 常に探求心を持ち新しい情報に敏感であり、自らの知識と技術を磨く自己研鑽能力を備え
    ている。
  3. 医療・看護に関する諸問題に対して真摯な態度で臨むと共に、臨床・教育における様々な
    現象を客観的に捉え、科学的・理論的に判断し説明する能力を有している。
  4. 医学・看護学における研究の重要性を理解し、医学・看護学の発展のために研究を計画・実行し、その成果を公表する能力を有している。

医学系研究科(博士課程)

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育方針

医科学および生命科学領域において、高度な知識および科学的・論理的思考に基づき、独創性・創造性に優れた研究を遂行し、国際的にも活躍できる自立した研究者、各診療分野で優れた臨床研究能力と先端的で高度な医療技能を備え、高い倫理観と研究マインドを持った臨床医および地域に貢献できる臨床研究や教育的指導力を備えた質の高い総合診療医・ER救急医・家庭医を養成することを目的としている。これらの目的を達成するため、「統合先進医学専攻」のもと、基礎医学領域を中心とする医科学コース、臨床医学領域を中心に各診療分野で優れた臨床研究能力と先端的で高度な医療技能を修得する先端応用医学コースと地域医療における臨床研究や教育的指導ができる医療技能を修得する地域総合医療学コースを設け、大学院担当教員による複数教員指導体制により体系的に教育・研究指導を行う。

  1. 教育課程の編成
    教育方針を具現化するため、以下の教育課程を編成する。
    ① 4年以上在学し、共通科目(医科学基礎総論・実験基礎演習・医科学特論・先端応用医学概論)18単位及び選択科目(コース・領域専門科目等)12単位以上の計30単位以上を修得させる。
    ② 医科学コースでは、基礎医学領域を中心とした分子生命医科学、高次生命医科学、生体情報医科学、感染防御医科学、機能画像医学のコース科目、先端応用医学コースでは臨床医学領域を中心に3部門(腫瘍医学、器官再生医学、病態情報解析医学)6分野(生殖・周産期・腫瘍医学、腫瘍制御医学、重粒子線治療医学、成長発達病態学、器官病態解析・制御医学、病態情報・画像医学)のコース科目、地域総合医療学コースでは、総合診療部・救急部・地域医療推進講座等を中心とした総合診療医学・ER救急医学・家庭医療学のコース科目を、講義および演習により2-3年次に開講し、各コースに所属する大学院生に、関連する分野における高度な知識および技術を幅広く修得させる。
    ③ 医科学コースでは基礎医学を中心とした各専門領域、先端応用医学コースでは臨床領域を中心とした各専門領域、地域総合医療学コースでは、地域医療に関連した臨床領域を中心とした各専門領域での専門科目(演習および実習)を3-4年次に開講し、専門分野における最先端の知識および技術を修得させる。
  2. 教育課程の実施
    教育方針を具現化するため、以下の体制で教育課程を実施する。
    ① 大学院生ごとに指導教員および副指導教員を置くことで複数指導教員制とする。
    ② 共通科目および部門科目においては、各授業科目に教科主任となるコーディネーターを置き、授業内容に応じて複数の担当教員により実施される授業の一貫性を担保し、授業科目を統括する。
    ③ 3年次修了前後に、大学院生による公開の研究発表会を義務付け、研究の進捗状況等を発表し、参加教員からの意見やアドバイスを受けて、最終年度での研究の取りまとめに資する。
    ④ 本学の医学部医学科4-6年次生を対象に、博士課程授業科目を早期履修できる「博士課程授業科目早期履修制度」を導入し、卒後臨床研修終了後に入学するよりも早い博士号取得を可能とする。
    ⑤ 本院の初期臨床研修医(医学部医学科卒業予定者を含む。)を対象に、本院初期研修と博士号取得を効率よく両立できる「初期研修同時履修制度」を導入し、卒後臨床研修終了後に入学するよりも早い博士号取得を可能とする。
    ⑥ 社会人大学院生に対して教育方法の特例を適用した柔軟な授業形態による履修指導を行うとともに、学外非常勤講師による大学院セミナー等を活用し、もって教育目標を達成するための教育指導の工夫を行う。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

各専攻の目的に照らして、大学院生が修得すべき学習成果の達成を学位授与の方針とする。具体的には、

① 4年以上在学し、共通科目18単位、選択科目(コース・領域専門科目等)12単位以上を修得し、国際的に活躍できる研究能力や、先端的で高度専門的な臨床研究を遂行できる高度医療に関する能力、もしくは地域に貢献できる質の高い総合医療に関する能力が十分培われていること。
② 査読のある、国際的に評価の定まっている欧文の学術誌もしくはそれと同等の学術的価値を有する学術誌に筆頭著者として原著論文を公表し、研究の着想、計画、実施、論文執筆等における自発性が十分に発揮されたかを判断する、学位審査に合格すること。
③ ただし、評価の高い国際的学術誌に論文発表し、上述の研究能力や高度医療に関する能力が十分に確立されていることが確認された場合は、3年次修了以降、学位審査により早期に学位授与することができること。