本文へスキップ

連合小児発達学研究科 福井校

研究内容

情動認知発達学領域

担当教員名:小坂浩隆 教授岡本悠子 助教藤岡徹 助教

(研究内容)
 自閉スペクトラム障(ASD)は、社会性・コミュニケーション・想像力における障がい、感覚の問題を特徴とし、就学期には「不適応状態」「いじめ」「不登校」、青年期には「うつ状態」「引きこもり」「就労困難」など、社会的問題が起こることが知られ、早期診断・早期介入およびその病態メカニズムの解明は重要かつ急務な課題である。
 本領域では、ASDをもつ方を対象に、脳画像および生理学的指標を用いた臨床研究アプローチと治療的臨床研究アプローチを試みている。MRI等の非侵襲的画像検査法により、脳構造/脳機能異常を詳細に検討し、脳内ネットワーク障がいの病態メカニズムや認知神経心理学的指標および多様な生物学的マーカーとの関連性について探究する。
 また、視線計測器を用いて社会性を客観的に評価できるか検討している。さらに、社会性を向上させるといわれるオキシトシンが、ASDをもつ方のアイコンタクトの増加、表情認知や共感性の向上、コミュニケーション力の増加、こだわりの軽減などの臨床的効果がみられるか、その変化を脳画像および生理学的指標にてとらえられるか、効果の違いに遺伝的背景が存在するのか、多角的に探究する。そして、個々のASDをもつ方々の実践的な治療・支援に向けてどう役立てられるかを検証する。

【研究内容に関するお問い合わせ】
 子どものこころの発達研究センター(情動認知発達研究部門)

 пF0776-61-8804 FAX:0776-61-8804
 E-mail:hirotaka@u-fukui.ac.jp(小坂浩隆 教授)

発達環境支援学領域

担当教員名:友田明美 教授藤澤隆史 講師島田浩二 助教

(研究内容)
 子どもたちのこころの健康の維持は、21世紀の最も大きな課題の一つとして注目されつつある。近年、児童虐待や子どもの心身症、発達障がいなど、いわゆる”こころ”の問題解決への社会的要請が強まっている。児童精神科領域とされるこれらの問題は、実際には精神科や小児科の合間にあり、未解決の問題が山積している。特に昨今、医療機関への受診が急増している発達障がいに対しては、その実態と要因を探ることは急務である。
 子どものこころの発達は、先天的・後天的な様々な要因が複雑に絡み合う中で規定されているが、その中で、我々は子どもの脳に関わる影響に注目している。ヒトの脳を可視化する技術が進歩し、非日常的または日常的な様々なトラウマ体験の生物学的影響が脳にもたらされることが解明されてきた。
 ”こころ”の問題解決を実現するために、脳機能イメージングや神経心理学的手法を駆使した、脳科学を基盤とする学際的な研究を推進する。発達障がいの生物的なリスク要因を早い段階で認識すれば、予防や治療へつながる可能性が高まる。脳が外界環境の強い刺激により影響を受けるという事実を前提に、臨床医・基礎研究者・地域が連携する中で研究を進め、教育・療育方法の新たな開発を進める。
 さらに、環境が小児のこころの発達に及ぼす影響についても多面的な研究を展開し、難治とされる脳機能疾患の治療・予防を可能にするために取り組む。


【研究内容に関するお問い合わせ】
 子どものこころの発達研究センター(発達支援研究部門)
 пF0776-61-8677 FAX:0776-61-8678
 E-mail:atomoda@u-fukui.ac.jp(友田明美 教授)

脳機能発達学領域

担当教員名:松ア秀夫 教授安倍博 教授岩田圭子 助教
      謝敏かく 助教臼井紀好 助教


(研究内容)
 分子・細胞レベルでの解析を中心に脳機能の発達の仕組みの解明、ひいては行動レベルの理解を目指した研究を展開する。
 分子や細胞レベルのメカニズム解明が進むと、脳の働きを具体的に理解できるようになる。そのため「子どものこころの諸問題」を脳の仕組みの破綻として捉えることで、発達期特有の疾病もしくは障害の新たな理解や従来にない診療手段の開発に結びつくことが期待される。本研究領域では、以下の研究のテーマで研究を遂行する。
(1)自閉症診断に応用可能な生物学的マーカーの探索研究。自閉症者から得られる血液・毛髪検体や自閉症者の脳画像の所見を基に、疾患特異性のある体内分子動態を探索する。
(2)モデル動物を用いた自閉症の病態研究。(1)での所見を再現するモデル動物を作成あるいは利用して、病態メカニズムの理解を進める。主に自閉症にみられる血中脂質代謝・脳内セロトニン伝達系の特異的な異常に焦点を当てた研究を展開している。
(3)心理・行動科学領域における生体リズム研究。子どものこころの発達におけるひずみと、睡眠や食事時間などの生体リズム障がい・体内時計異常との関連性についての研究を進める。

【研究内容に関するお問い合わせ】
 子どものこころの発達研究センター(脳機能発達研究部門)
 пF0776-61-8803 FAX:0776-61-8804
 E-mail:matsuzah@u-fukui.ac.jp(松ア秀夫 教授)

構成員一覧へ

バナースペース





連合小児発達学研究科 福井校

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月
23-3

TEL 0776-61-8247
FAX 0776-61-8162