本文へスキップ

〒910-8507 福井県福井市文京3丁目9番1号
TEL:0776-27-8016(代表)

ご挨拶


 ライフサイエンスイノベーションセンター長 安田 年博  

CEO
 ライフサイエンス研究の推進は本邦の国家戦略としての「科学技術基本計画」に沿うものであり、第5期科学技術基本計画(平成28〜32年度)においても「世界最先端の医療技術の実現による健康長寿社会の形成」などとして重要政策課題にあげられています。福井大学においても、所属教員の半数以上がライフサイエンスに関連する分野の研究に取り組んでいます。このような背景のもとに、平成28年4月に、福井大学生命科学複合研究教育センターとトランスレーショナルリサーチ推進センターが統合し、学内共同教育研究組織としてライフサイエンスイノベーションセンター(以下、ライフセンター)が設置されました。ライフセンターの前身である福井大学生命科学複合研究教育センターは、旧福井大学、福井医科大学の大学統合を期に設立された医工教研究交流推進特別委員会を母体とし、平成17年4月に設立されたものです。
 ライフセンターは、「ライフサイエンス分野が関連する幅広い分野の研究の高い水準での実施(先端的ライフサイエンス研究の遂行)」「ライフサイエンスを知る複合的なバックグラウンドをもつ人材の育成(大学院教育)」「ライフサイエンスの生物・理科教育への還元(社会貢献および地域での人材育成)」を3つのミッションとし、それぞれを主として担当する副センター長をおき、研究推進課による献身的なサポートのもと活動を実施しています。また、第3期中期目標・計画では「国、大学、学部等の枠を超えた様々な連携体制の構築」をあげていますが、ライフセンターはその一つの具現化として、学内横断的にライフサイエンス研究活動の活性化・実施を担うものです。さらに、「地域の児童・生徒に先進的教育を提供する」とする第3期中期目標・計画の達成に資する取組みも進めています。
 ライフセンターには、部門等の枠にとらわれることなく、ライフサイエンス及び関連する広い分野に関与する教員が学内より広く集結しており、福井大学教員であれば、希望により本センター参加教員として活動できるという、独自の構成員制度をとっています。センター参加教員であれば、センターのミッション実現にご尽力いただきますが、同時に大学より研究実施に対して様々な支援を受けることができます。
 ライフセンターの活動や今後のあり方について忌憚のないご意見を期待すると同時に、諸活動につき、今後ますますのご理解とご支援を賜ることができれば幸甚です。




バナースペース


TOPICS

学内研究者・ 構成員の方へ 学内研究者・ 構成員の方へ 学内研究者・ 構成員の方へ 学内研究者・ 構成員の方へ ライフサイエンス・シーズ情報


福井大学 関連ホームページ

福井大学ライフサイエンスイノベーションセンター

〒910-8507
福井県福井市文京3丁目9番1号

TEL 0776-27-8016(代表)
FAX 0776-27-9742