福井大学医学部

内科学(2)

診療内容(消化器)

科長  中本 安成  副科長  大谷 昌弘
医局長 大谷 昌弘  外来医長 平松 活志  病棟医長 松田 秀岳

早期食道癌・胃癌・大腸癌の内視鏡治療(ESD、EMR)、膵癌・胆道癌による閉塞性黄疸の内視鏡的ドレナージ、ESTによる総胆管結石採石術、胃食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・結紮術、上部・下部消化管出血に対する止血術などの内視鏡治療全般を行っています。また、消化器癌に対する各種化学療法、MALTリンパ腫に対するヘリコバクターピロリ除菌治療や放射線療法、炎症性腸疾患においては潰瘍性大腸炎、クローン病に対する抗TNFα抗体療法などを積極的に行っています。内視鏡診療ではEUS-FNAシステム、カプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸内視鏡などの最新機器を導入し、質の高い消化器内視鏡診療を展開しています。肝臓領域では肝・胆道系悪性腫瘍、ウイルス性肝疾患(慢性肝炎・肝硬変)、アルコール性肝障害、脂肪肝、NASH、自己免疫性肝炎、薬物性肝障害等を扱っています。C型肝炎に対するIFN療法やB型肝炎に対する抗ウィルス療法も積極的に行っており、肝臓癌に対してはTACEやRFA・PEITに加えて肝動注化学療法を取り入れ、良好な成績を得ています。また、肝臓癌に対するTAEと樹状細胞免疫治療の先進医療を目指した臨床試験を開始し、消化器癌に対する新たな治療法の開発に挑戦しております。最後に当科では胃発癌の原因とされるヘリコバクターピロリ感染の診断および除菌治療に関する専門外来である「ピロリ外来」を開設担当し、二次除菌治療失敗症例に対する三次除菌治療などあらゆる症例に対応しております。

【主な検査・処置・医療機器】
・造影超音波検査
・エコーガイド下肝生検/腫瘍生検
・RFA(ラジオ波焼灼療法)
・PEIT(エタノール注入療法)
・腹腔鏡検査
・ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
・EUS-FNA(超音波内視鏡下針吸引生検術)
・カプセル内視鏡
・ダブルバルーン小腸内視鏡
・内視鏡的膵のう胞ドレナージ術
・EBD(内視鏡的胆道ドレナージ術)
・EIS・EVL(内視鏡的胃食道静脈瘤硬化療法・結紮術)など

2020年度消化器内科診療について

2020年度の入院患者総数は1,397人で、コロナ禍にあって以降過去最高となった2019年度を33人上回る結果となりました。年間を通じた病床稼働率(定数36床)も128.2%2019年度よりも4.7%上昇しました。また、緊急・予定外入院患者数は535人(38.3%)と2019年度の433人(37.7%)を大きく上回りました。この結果は、当科の高い診療レベルが広く周知されてきたことに加え、新型コロナウイルスが流行する中にあって、近隣の医療機関での患者受け入れや入院診療が困難となった時期があったことも影響していたと思われます。それでも、平均在院日数は2019年と同じ11.1日を維持していました。剖検数が10件(剖検率:38.5%)と院内全体(20件、剖検率:8.2%)の半数を占め、内科系全体(16件、同:13.4%)の60%以上を占めていました。これらも、主治医達が一切手を抜くことなく、全力かつ丁寧な診療を続けていた証左であると言えます。

2020年度の外来診療の実績は、年間外来患者数は14,644人と昨年より1,069人減少しました。一日平均患者数は年間平均68.5人で、月別でみると一番少なかったのは20204月(55.9人)で、続いて8月(61.1人)、20211月(63.5人)が少ない月でした。これは見事に新型コロナウイルス感染症の第1波~3波の時期と重なっており、その影響がうかがわれます。年間紹介患者数は578人で、やや減少しています。一年を通じてさほど厳しい診療制限はせず、希望する患者様には電話での診療・処方を行っています。担当医は、これまでどおり臓器別となっており、肝疾患は中本教授、松田講師、野阪助教、上部消化管疾患は松田講師と高橋助教、小腸・大腸疾患は平松准教授と内藤助教、胆・膵疾患は大谷講師と大藤助教が担当しております。コロナに負けず、大学病院の使命を果たすべく、いずれもハイレベルな診療を実践しています。

2020年度入院患者延数(主病名による分類) ———————– 1397名

検査・治療件数(2020.4-2021.3)

内科学(2)研究室

TEL
0776-61-3111
FAX
0776-61-8110