福井大学医学部

内科学(2)

診療内容(脳神経)

科長  濵野 忠則  副科長  井川 正道
医局長 大谷 昌弘   外来医長 井川 正道   病棟医長 白藤 法道

頭痛や脳卒中、アルツハイマー病などの神経common diseaseからパーキンソン病、ALS、筋疾患などの神経難病の診断と治療に関して、幅広い疾患を対象として診療を行っています。特に、認知症に関しては、20119月より当院は認知症学会教育指定病院に認定され、臨床心理士、PSW、認知症認定看護師とともに、毎週月曜日、および第24木曜日午後にもの忘れ外来を行っています。また、脳卒中診療では年間100例以上の虚血性脳卒中患者を受け入れ、超急性期の血栓溶解療法(t-PA)から早期リハビリテーションまで、虚血性脳卒中の急性期診療に必要な検査、治療を行っています。特に神経超音波検査では経頭蓋カラードプラ、頸部血管エコー、経食道心エコー、下肢静脈エコーのすべてを神経内科医の手で実施しています。チーム医療の実践にも力を入れ、多職種参加型カンファレンスの実施や脳卒中地域連携パスの運用を積極的に行っています。また、パーキンソン病に対するMIBG心筋シンチ、DAT scan、さらには皮膚生検によるシヌクレインの検出も関連施設との協力のもと行っています。片側顔面けいれん、眼瞼けいれん、痙性斜頸に対するボトックス療法も積極的に行っています。さらに、脊髄小脳変性症やミトコンドリア病の遺伝子解析、橋本脳症の自己抗体の解析などを学内倫理委員会の承認の元に行い、遺伝診療部と協力し患者・家族への遺伝カウンセリングも行っています。

2020年度神経内科診療について

入院診療につきましては、急性期脳梗塞を中心とした脳血管障害が約半数を占め、つぎに認知症、パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの変性疾患が続いております。また当科は救急疾患として脳血管障害、てんかん重積、髄膜脳炎などが多いことも特徴のひとつです。

外来診療につきましては、濵野、山村、井川、白藤、榎本、北﨑、山口が担当しております。 この1年間で、頸部血管・下肢静脈超音波検査を261件、経食道的心エコー検査を6件、脳波検査を141件、電気生理検査を252件(筋電図60件・神経伝導検査190件)実施しております。また、2020度は外来患者数、紹介患者数は2019年度と比較して減少しました。新型コロナウイルス感染症による影響と思われますが、その中でも紹介率が上昇したことは、地域の医療機関からの紹介を断らず積極的に引き受けたためと思われます。引き続きご紹介いただく先生方との連携を維持しつつ、質の向上に努めたいと考えております。

医療用下肢タイプ(HAL)を4月から外来で導入しております。180分以内、5カ月間で10回まで行うことができます。リハビリ医師・スタッフも積極的に協力していただいております。対象となる難病の患者さんに対して、運動機能の向上にできるだけの治療を行いたいと考えております。

入院診療実績

検査・治療件数(2020.4-2021.3)

内科学(2)研究室

TEL
0776-61-3111
FAX
0776-61-8110