福井大学医学部

腫瘍病理学(病理学1)

私たちは「糖鎖病理学」の研究をしています。

研究室紹介

私たちの研究室では,がんや炎症をはじめとするさまざまな病態における糖鎖(その名のとおり糖が鎖のように繋がったもの)の発現意義を明らかにするため,人体病理組織検体を用いた形態学的解析を中心に,分子生物学的,生化学的な実験手法を駆使しながら日夜研究に励んでいます。糖鎖生物学の視点から病気を捉え,その病因病態を解明しようとする病理学,すなわち「糖鎖病理学」の魅力を,大学院生をはじめとする若い研究者と共有できたらこれに勝る幸せはありません。私たちの研究室はアットホームな雰囲気で,和気藹々としていますので,興味のある方はいつでも気軽に訪ねて来てください。また,研究室の情報は Facebook からも発信していますので,是非ご覧ください。

NEWS & TOPICS最新情報

  • 腫瘍病理学(病理学1) 大学院生の堤内真実さんらの新規抗硫酸化糖鎖抗体に関する論文が福井大学医学部優秀論文に選ばれました。
  • 腫瘍病理学(病理学1) 井上大輔さん(産婦人科),有賀謙さん(小児科)が大学院生としてメンバーに加わりました。
  • 腫瘍病理学(病理学1) 大学院生の堤内俊喜さんが好酸球性副鼻腔炎の糖鎖発現に関する論文で博士(医学)の学位を授与されました。
  • 腫瘍病理学(病理学1) 山本真さん(産婦人科),村元曉文さん(泌尿器科)が大学院生としてメンバーに加わりました。
  • 腫瘍病理学(病理学1) 星野瞳特命助教が助教に昇進しました。

腫瘍病理学(病理学1)研究室

TEL
0776-61-8319
FAX
0776-61-8103
メール
fukuitumorpathology@gmail.com