福井大学医学部

ゲノム科学・微生物学

病原微生物の感染に対する宿主因子のはたらきの仕組みとは?

当研究室は病原微生物の感染に対する生体応答メカニズムの解明にむけた研究を行っています。特に病原体と相互作用する宿主因子の役割と調節機構について、ゲノム科学を駆使した様々な手法により研究を推進し、大学院博士課程の教育にも注力しています。また福井大学における感染症医療人材養成事業:UF-IDEEPにて、医学部生を対象とした「特色あるカリキュラム:感染症」を推進し、高度な学部教育を実践しており、高大連携による社会貢献・地域連携や、医学教育の国際交流も推進しています。少人数の基礎医学研究室ですが、クリエイティブな雰囲気のもとで研究教育活動を展開し、地域で活躍する優秀な医療人の育成に貢献しています。

 

「ゲノム科学」分野とは?ゲノム(=生物のもつ全ての核酸上の遺伝情報)とその役割についての研究する分野のことです。
研究室の様子はリンク集ページの「研究室の日々の出来事」をご参照ください。

ゲノム科学・微生物学研究室

TEL
0776-61-3111
FAX
0776-61-8104
Webサイト
https://www.med.u-fukui.ac.jp/laboratory/genome/