福井大学医学部

腫瘍病態治療学

がん診療推進センターについて

当院は、特定機能病院であるとともに、平成19年1月より福井県における地域がん診療連携拠点病院に指定されました。地域においてのがん診療全般にわたる機能役割を担うことになります。そこで、病院としての機能強化などを目的に「がん診療推進センター」を設置いたしました。院内はもとより院外も含めてがん診療の円滑な推進を図ることを目的としています。

なお、主な組織及び業務については次のとおりです。

がん診療推進センターは以下の部門から構成されています。

  1. 院内がん登録部門
  2. 緩和医療部門(緩和ケアチーム・緩和ケア外来)
  3. 医療相談支援部門(がん相談・治療と仕事の両立支援・患者・家族サロン「やわらぎ」)
  4. 通院がん化学療法部門(通院治療センター)
  5. リンパ浮腫ケア外来
  6. がん地域連携部門
  7. キャンサーボード部門
  8. がん診療標準化部門
  9. がん専門スタッフ教育・育成部門
  10. がん患者会後援部門
  11. CART(胸水・腹水濾過濃縮再静注法)

1. 院内がん登録部門

本院に受診されたがん患者の診断や治療内容等のデータを集積し、各診療科におけるいろいろな治療の有効性を常に検討して治療法の改善に役立てています。
また、「がん登録等の推進に関する法律(平成25年法律第111号) 」に基づいて国にがんの登録を行っています。

6. がん地域連携部門

がん分野における地域連携の課題として、他職種間の相互理解不足、緩和ケアへの誤解などが挙げられます。これらの解決のため、 地域の医療福祉従事者を対象とした多職種参加型のがんに関する研修活動や地域リソースとの協働・連携活動を実施しています。
平成27年度からは、福井県内統一「在宅緩和ケア地域連携パス やわらぎ日記」の運用を福井県がん連携協議会の委託を受け、当部門が中心となって行っています。これらの活動を通して、切れ目のない緩和ケアの提供体制の構築を目指しています。

7. キャンサーボード部門

一診療科では治療が困難な患者さんを、多診療科の医師・多職種を集めて症例検討会を開催し、最も有効な治療法を見いだします。当センターがコーディネートいたします。

8. がん診療標準化部門

新しいがん化学療法、多剤併用化学療法や放射線治療の組み合わせなどを審査し、エビデンスに基づく効果的かつ安全な治療を認可します。
登録されたレジメンは電子化されており、これによって治療の統一性と安全性が確保され、また、医師、薬剤師、看護師がレジメン内容を確認し、治療スケジュールと注意点を把握することが可能です。現在、多数のレジメンが登録されており、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、悪性リンパ腫など多岐にわたるがん種について治療が行われています。

9. がん専門スタッフ教育・育成部門

がんに関する研修や新しい治療に関する説明会などを開催して います。対象は福井県内すべての医療者として毎回県内くまなく開催を案内することで県内全体のがん診療レベルの向上に寄与しています。

10. がん患者会後援部門

 「一人じゃないよ」をモットーに希望をもって実りある生活を したいという思いで作られた患者会です。年4回の定例会では会員さんの希望を聞いての講演会や、がん体験の語り、交流会等を行っています。年1回総会の後にはゴスペルや笑いヨガ、寄席な ど楽しい企画もあります。また定例会の他に、春と秋の親睦会では、お花見やバーベキュー、そば打ちと楽しいひと時を過ごし、心を和ませています。その他、随時講演会等の紹介や参加も行っています。チラシを見たからと会員さん以外の方達も参加されています。

対象:患者さん(全がん対象)、ご家族、ご遺族(当院受診の 有無は問わず)
開催:総会・年4回定例会・年2回親睦会「なごみ会」
開催約1カ月前に病院内に掲示しております。

がん体験者の会「みのり会」

11. CART(胸水・腹水濾過濃縮再静注法)

がん性や難治性腹水に対して有効なCARTのコーディネートも 行っています。

がん治療における特徴

がん診療最前線 (がん治療に関する解説書)

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項 指導責任者氏名
日本ハイパーサーミア学会 認定施設 片山 寛次
日本がん治療認定医機構 認定医制度認定研修施設 片山 寛次
日本緩和医療学会 認定研修施設 片山 寛次
日本肝胆膵外科学会 高度技能医修練施設 片山 寛次

腫瘍病態治療学研究室

TEL
0776-61-3111(代表)
FAX
0776-61-8656