福井大学医学部

精神医学

研究業績


学術論文
著書
学会
プレスリリース
助成金

学術論文

学術論文2021

  1. Habata K, Cheong Y, Kamiya T, Shiotsu D, Omori IM, Okazawa H, Jung M, Kosaka H.
    Relationship between sensory characteristics and cortical thickness/volume in autism spectrum disorders.
    Translational Psychiatry, in press.
  2. Naya N, Tsuji T, Nishigaki N, Sakai C, Chen Y, Jung S, Kosaka H.
    The burden of undiagnosed adults with attention deficit/hyperactivity disorder symptoms in Japan: a cross-sectional study.
    Cureus, in press.
  3. Nobukawa S, Nishimura H, Wagatsuma N, Inagaki K, Yamanishi T, Takahashi T.
    Recent Trends of Controlling Chaotic Resonance and Future Perspectives.
    Frontiers in Applied Mathematics and Statistics, in press.
  4. Nobukawa S, Wagatsuma N, Ikeda T, Hasegawa C, Kikuchi M, Takahashi T.
    Effect of Steady-State Response versus Excitatory/Inhibitory Balance on Spiking Synchronization in Neural Networks with Log-normal Synaptic Weight Distribution.
    Cognitive Neurodynamics, in press.
  5. Nobukawa S, Wagatsuma N, Nishimura H, Doho H, Takahashi T.
    An Approach for Stabilizing Abnormal Neural Activity in ADHD Using Chaotic Resonance.
    Front Comput Neurosci.,  1;15:726641, 2021 Sep
    PMID: 34539367, DOI: 10.3389/fncom.2021.726641
  6. Okamoto Y, Kitada R, Kochiyama T, Miyahara M, Naruse H, Sadato N, Okazawa H, Kosaka H.
    Importance of the early visual cortex and the lateral occipito-temporal cortex for the self-hand specific perspective process.
    Neuroimage: Reports, 1(4), 2021.Dec
    DOI:10.1016/j.ynirp.2021.100046
  7. Yamasue H, Kojima M, Kuwabara H, Kuroda M, Matsumoto K, Kanai C, Inada N, Owada K, Ochi K, Ono N, Benner S, Wakuda T, Kameno Y, Inoue J, Harada T, Tsuchiya K, Umemura K, Yamauchi A, Ogawa N, Kushima I, Ozaki N, Suyama S, Saito T, Uemura Y, Hamada J, Kano Y, Honda N, Kikuchi S, Seto M, Tomita H, Miyoshi N, Matsumoto M, Kawaguchi Y, Kanai K, Ikeda M, Nakamura I, Isomura S, Hirano Y, Onitsuka T, Kosaka H, Okada T.
    Effect of a novel nasal oxytocin spray with enhanced bioavailability on autism: A randomised trial.
    Brain, in press.
  8. Hasegawa C, Takahashi T, Ikeda T, Yoshimura Y, Hiraishi H, Nobukawa S, Saito DN, Kumazaki H, Yaoi K, Hirata M, Asada M, Kikuchi M.
    Effects of familiarity on child brain networks when listening to a storybook reading: A magnetoencephalographic study.
    Neuroimage, 241:118389, 2021 Nov 1
  9. Ueno K, Misaki M, Omori I, Kosaka H.
    A new approach for the diagnosis of respiratory dyskinesia using chest and abdominal band sensors.
    Psychiatry Clin. Neurosci., 75(9):295-296, 2021 Sep
    PMID: 34164886 DOI: 10.1111/pcn.13281
  10. Shiotsu D, Jung M, Habata K, Kamiya T, Omori M, Okazawa H, Kosaka H.
    Elucidation of the Relationship between Sensory Processing and White Matter Using Diffusion Tensor Imaging auto-comp in young adults.
    Sci Rep, 11(1):12088, 2021 Jun 8.
    PMID: 34103636,  DOI: 10.1038/s41598-021-91569-6
  11. Ando M, Nobukawa S, Kikuchi M, Takahashi T.
    Identification of Electroencephalogram Signals in Alzheimer’s Disease by Multifractal and Multiscale Entropy Analysis.
    Front. Neurosci, 15:667614, 2021 Jun 28.
    PMID: 34262427, DOI: 10.3389/fnins.2021.667614
  12. Matsumoto H, Omata N, Kiyono Y, Mizuno T, Mita K, Kosaka H.
    Paradoxical changes in mood-related behaviors on continuous social isolation after weaning.
    Exp. Brain Res., 239(8):2537-2550., 2021 Jun 18.
    PMID: 34143240, DOI: 10.1007/s00221-021-06149-x
  13. 水野智之、小俣直人、福元進太郎、道場生基、小坂浩隆
    オープンダイアローグと中井久夫による「治療文化論」
    精神科治療学, 36(4):485-488, 2021.04
  14. Nobukawa S, Shirama A, Takahashi T, Takeda. Ohta H, Kikuchi M, Iwanami A, Kato N, Toda S.
    Identification of attention-deficit hyperactivity disorder based on the complexity and symmetricity of pupil diameter.
    SciRep., 11(1):8439, 2021 Apr 19.
    PMID: 33875772, DOI: 10.1038/s41598-021-88191-x.
  15. Hiraishi H, Ikeda T , Saito DN, Hasegawa C, Kitagawa S, Takahashi T, Kikuchi M, Ouchi Y.
    Regional and temporal differences in brain activity with morally good or bad judgments in men: a magnetoencephalography study.  
    Front Neurosci., 15:596711, 2021 Apr 12.
    PMID:33911998, DOI: 10.3389/fnins.2021.630811
  16. Kato Y, Kuwabara H, Okada T, Munesue T, Benner S, Kuroda M, Kojima M, Yassin W, Eriguchi Y, Kameno Y, Murayama C, Nishimura T, Tsuchiya K, Kasai K, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H.
    Oxytocin-induced increase in N,N-dimethylglycine and time-course of changes in oxytocin efficacy for autism social core symptoms.
    Molecular Autism.,12(1):15, 2021 Feb 23.
    PMID: 33622389, DOI: 10.1186/s13229-021-00423-z
  17. Nobukawa S, Shirama A, Takahashi T, Takeda T, Ohta H, Kikuchi M, Iwanami A, Kato N, Toda S.
    Pupillometric Complexity and Symmetricity Follow Inverted-U Curves Against Baseline Diameter Due to Crossed Locus Coeruleus Projections to the Edinger-Westphal Nucleus.
    Front. Physiol., 12:614479, 11 February 2021.
    PMID:33643064, doi: 10.3389/fphys.2021.614479.
  18.  Furutani N, Takahashi T, Naito N, Maruishi T, Yoshimura Y, Hasegawa C, Hirosawa T, Kikuchi M.
    Complexity of Body Movements during Sleep in Children with Autism Spectrum Disorder.
    Entropy., 23(4):418, 2021.03.31.
    PMID: 33807381 DOI: 10.3390/e23040418
  19. Tsuchiya KJ, Hakoshima S, Hara T, Ninomiya M, Saito M, Fujioka T, Kosaka H, Hirano Y, Matsuo M, Kikuchi M, Maegaki Y, Harada T, Katayama T.
    Diagnosing autism spectrum disorder without expertise: a pilot study of 5-to 17-year-old individuals using Gazefinder.
    Front Neurol, 11:6030852021.01.28.
    PMID:33584502, DOI: 10.3389/fneur.2020.603085

学術論文2020

  1. Kimura Y, Fujioka T, Jung M, Fujisawa TX, T, Tomoda A, Kosaka H.
    An investigation of the effect of social reciprocity, social anxiety, and letter fluency on communicative behaviors in adults with autism spectrum disorder.
    Psychiatry Res., 294:113503, 2020.12
  2. Yamasue H, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Owada k, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Eriguchi Y, Kawano N, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H.
    Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: a randomized clinical trial.
    Mol. Psychiatr., 25(8):1849-1858, 2020.10
  3. Nobukawa S, Yamanishi T, Ueno K, Mizukami K, Nishimura H, Takahashi T.
    High Phase S Synchronization in Alpha Band Activity in Older Subjects With High Creativity
    Front Hum Neurosci,   22;14:583049. 2020.10.
    PMID: 33192416, doi: 10.3389/fnhum.2020.583049. 
  4. Yoshimura Y, Hasegawa C, Ikeda T, Saito DN, Hiraishi H, Takahashi T, Kumazaki H, Kikuchi M.
    The maturation of the P1m component in response to voice from infancy to 3 years of age: A longitudinal study in young children.
    Brain Behav., 10(8):e01706, 2020.06
  5. Fujioka T, Fujisawa TX, Inohara K, Okamoto Y, Matsumura Y, Tsuchiya KJ, Katayama T, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H.
    Attenuated relationship between salivary oxytocin levels and attention to social information in adolescents and adults with autism spectrum disorder: a comparative study.
    Ann Gen Psychiatry., 19:38, 2020.06
    PMID: 32518579, DOI: 10.1186/s12991-020-00287-2
  6. Nobukawa S, Yamanishi T, Kasakawa S, Nishimura H, Kikuchi M, Takahashi T.
    Classification methods based on complexity and synchronization of electroencephalography signals in Alzheimer’s disease. 
    Front Psychiatry., 11:255, 2020.04
  7. Okamoto Y, Kitada R, Kochiyama T, Naruse H, Makita K, Miyahara M, Okazawa H, Kosaka H.
    Visual Body Part Representation in the Lateral Occipitotemporal Cortex in Children and Adults.
    Cereb Cortex Commun.,2020.04.13
    doi.org/10.1093/texcom/tgaa007
  8. Fujioka T, Tsuchiya KJ, Saito M, Hirano Y, Matsuo M, Kikuchi M, Maegaki Y, Choi D, Kato S, Yoshida T, Yoshimura Y, Ooba S, Mizuno Y, Takiguchi S, Matsuzaki H, Tomoda A, Shudo K, Ninomiya M, Katayama T, Kosaka H.
    Developmental changes in attention to social information from childhood to adolescence in autism spectrum disorders: A comparative study.
    Mol Autism., 11(1):24, 2020.04
    PMID: 32272970, DOI: 10.1186/s13229-020-00321-w
  9. Ono Y, Kudoh K, Ikeda T, Takahashi T, Yoshimura Y, Minabe Y, Kikuchi M.
    Auditory steady-state response at 20 Hz and 40 Hz in young typically developing children and children with autism spectrum disorder.
    Psychiatry Clin Neurosci., 74(6):354-361., 2020.03.
  10. Okazawa H, Ikawa M, Jung M, Maruyama R, Tsujikawa T, Mori T, Rahman MGM, Makino A, Kiyono Y, Kosaka H.
    Multimodal analysis using [11C]PiB-PET/MRI for functional evaluation of patients with Alzheimer’s disease.
    EJNMMI Research., 10(1):30, 2020.03
  11. Sumiya M, Okamoto Y, Koike T, Tanigawa T, Okazawa H, Kosaka H, Sadato N.
    Attenuated activation of the anterior rostral medial prefrontal cortex on self-relevant social reward processing in individuals with autism spectrum disorder.
    NeuroImage: Clinical.26:102249, 2020.03
  12. Jung M, Takiguchi S, Hamamura S, Mizuno Y, Kosaka H, Tomoda A.
    Thalamic volume is related to increased anterior thalamic radiations in children with reactive attachment disorder.
    Cerebral Cortex, 30(7):4238-4245, 2020.03
  13. Kuno-Fujita A, Iwabuchi T, Wakusawa K, Ito H, Suzuki K, Shigetomi A, Kosaka H, Tsujii M, Tsuchiya KJ.
    Sensory processing patterns and fusiform activity during face processing in autism spectrum disorder.
    Autism Res.13(5):741-750, 2020.02

学術論文2019

  1. Jung M, Kong J, Kosaka H.
    Clinical Application of MRI for Developmental Disorder.
    Jpn. J. Child Adolesc. Psychiatr., 60(4);382-383, 2019
  2. 小坂浩隆
    発達障害の生物学的知見
    診断と治療, 107(11): 1385-1391, 2019.11
  3. Jung M, Mody M, Fujioka T, Kimura Y, Okazawa H, Kosaka H.
    Sex differences in white matter pathways related to language ability.
    Frontiers in Neuroscience, 13:898,  2019.08.
  4.  Takaesu Y, Watanabe K, Numata S, Iwata M, Kudo N, Oishi S, Takizawa T, Nemoto K, Yasuda Y, Tagata H, Tsuboi T, Tsujino N, Hashimoto N, Matsui Y, Hori H, Yamamori H, Sugiyama N, Suwa T, Kishimoto T, Hishimoto A, Usami M, Furihata R, Iwamoto K, Fujishiro H, Nakamura T, Mizuno K, Inagaki T, Katsumoto E, Tomita H, Ohi K, Muraoka H, Atake K, Iida H, Nagasawa T, Fujita J, Yamamura S, Onitsuka T, Murata A, Takayanagi Y, Noda H, Matsumura Y, Takezawa K, Iga JI, Ichihashi K, Ogasawara K, Yamada H, Inada K, Hashimoto R.
    Improvement of psychiatrists’ clinical knowledge of the treatment guidelines for schizophrenia and major depressive disorders using the ‘Effectiveness of Guidelines for Dissemination and Education in Psychiatric Treatment (EGUIDE)’ project: A nationwide dissemination, education, and evaluation study.
    Psychiatry Clin Neurosci., 73(10):642-648,2019.10.
  5. Nobukawa S, Yamanishi T, Nishimura H, Wada Y, Kikuchi M, Takahashi T
    Atypical temporal-scale-specific fractal changes in Alzheimer’s disease EEG and their relevance to cognitive decline.
    Cogn Neurodyn, 13(1):1-11, 2019.02
  6. Ikeda T, Takahashi T, Hiraishi H, Saito D N, Kikuchi M.
    Anodal Transcranial Direct Current Stimulation Induces High Gamma-Band Activity in the Left Dorsolateral Prefrontal Cortex During a Working Memory Task: A Double-Blind, Randomized, Crossover Study.
    Front Hum Neurosci, 13:136,2019.04
  7. Mizuno T, Matsumoto H, Mita K, Kogauchi S, Kiyono Y, Kosaka H, Omata N.
    Psychosis is an extension of mood swings from the perspective of neuronal plasticity impairments.
    Med Hypotheses, 124:37-39, 2019.03
  8. 丁ミンヨン小坂浩隆
    自閉症スペクトラムにおける感覚認知と感覚共感の特徴
    発達研究, 33:147 – 151, 2019
  9. 小坂浩隆
    「ASD(成人期)」
    精神科, 35(1):507-515, 2019.07
  10. Jung M, Mizuno Y, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kong J, Kosaka H, Tomoda A.
    The effects of COMT polymorphism on cortical thickness and surface area abnormalities in children with ADHD.
    Cereb. Cortex, 29(9):3902–3911, 2019.09
  11. Mizuno Y, Kagitani-Kuriko Shimono, Jung M, Makita K, Takiguchi S, Fujisawa TX, Tachibana M, Nakanishi M, Mohri I, Taniike M, Tomoda A,
    Structural Brain Abnormalities in Children and Adolescents with Comorbid Autism Spectrum Disorder and Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder.
    Transl. Psychiatry., 9(1) :332-332, 2019.12.
  12. Komeda H, Kosaka H, Fujioka T, Jung M, Okazawa H.
    Do Individuals With Autism Spectrum Disorders Help Other People With Autism Spectrum Disorders? An Investigation of Empathy and Helping Motivation in Adults With Autism Spectrum Disorder.
    Front Psychiatry., 10:376, 2019.06
  13. Wan B, Wang Z, Jung M, Lu Y, He H, Chen Q, Jin Y
    Effects of the Co‐occurrence of Anxiety and Attention‐Deficit/Hyperactivity Disorder on Intrinsic Functional Network Centrality among Children with Autism Spectrum Disorder
    Autism Res., 12(7):1057-1068, 2019.05
  14. Shen W, Tu Y, Gollub RL, Ortiz A, Napadow V, Yu S, Wilsson G, Park J, Lang C, Jung M, Gerber J, Mawla I, Chan ST, Wasan A, Edwards R,  Kaptchuk TJ, Li S, Rosen B, Kong J
    Visual network alterations in brain functional connectivity in chronic low back pain: a resting state functional connectivity and machine learning study  
    NeuroImage-Clin., 14(22):101775, 2019.05
  15. Owada K, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Eriguchi Y, Kawano N, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H.
    Quantitative facial expression analysis revealed the efficacy and time-course of oxytocin in autism.
    Brain, 142(7):2127-2136, 2019.07
  16. Kosaka H, Fujioka T, Jung M
    Symptoms in individuals with adult-onset ADHD are masked during childhood.
    Eur. Arch. Psych. Clin. Neurosci., 269(6), 753-755, 2019.08.
  17. Zhang B, Jung M, Tu Y, Gollub RL, Lang C, Ortiz A, Wilson G, Malawa I, Chan S, Wasan I, Edwards R, Lee J, Napadow V, Rosen B, Kong J.
    Identifying brain regions associated with the neuropathology of chronic low back pain: a resting-state amplitude of low-frequency fluctuation study.
    Br. J. Anaesth.,123(2):e303-e311, 2019.08
  18. Amemiya K, Morita T, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.
    Local-to-distant development of the cerebrocerebellar sensorimotor network in the typically developing human brain: a functional and diffusion MRI study.
    Brain Struct. Funct., 224(3):1359-1375, 2019.04
  19. Jung M, Tu Y, Lang CA, Ortiz A, Park J, Jorgenson K, Kong XJ, Kong J.
    Decreased structural connectivity and resting-state brain activity in the lateral occipital cortex is associated with social communication deficits in boys with autism spectrum disorder
    Neuroimage, S1053-8119(17):30779-6, 2019.04
  20. Nobukawa S, Kikuchi M, Takahashi T.
    Changes in functional connectivity dynamics with aging: A dynamical phase synchronization approach
    Neuroimage, 188:357-368, 2019.03
  21. Nobukawa S,Yamanishi T,Nishimura H,Wada Y,Kituchi M,Takahashi T.
    Atypical temporal-scale-specific fractal changes in Alzheimer’s disease EEG and their relevance to cognitive decline
    Cogn. Neurodynamics, 13(1):1-11, 2019.02
  22. Tu Y, Jung M, Gollub RL, Napadow V, Gerber J, Ortiz A, Lang C, Malawa I, Shen W, Wasan I, Edwards R, Kaptchuk TJ, Rosen B, Kong J.
    Abnormal medial prefrontal cortex functional connectivity and its association with clinical symptoms in chronic low back pain.
    Pain,160(6):1308-1318 , 2019.01
  23. Higashida H, Munesue T, Kosaka H, Yamasue H, Yokoyama S, Kikuchi M.
    Social interaction improved by oxytocin in the subclass of autism with comorbid intellectual disabilities and epilepsy.
    Diseases, 7(1):24, 2019.01
  24. Jung M, Tu Y, Park J, Jorgenson K, Lang C, Song W, Kong J.
    Surface-based shared and distinct resting functional connectivity between attention deficit hyperactivity disorder and autism spectrum disorder.
    Br. J. Psychiatry, 2019.06

このページのトップへ

===以前の論文===

論文2018

論文2017

論文2016

論文2015

論文2011-14

論文2010年以前

著書

著書2019

  1. 小坂浩隆
    「大人のASD」
    今日の治療指針,
    医学書院, 印刷中
  2. Okamoto Y, Kosaka H.
    Recent Insights from fMRI Studies into the Neural Basis of Reciprocal Imitation in Autism Spectrum Disorders.
    The Neuroimaging of Brain Diseases, in press

著書2018

  1. 小坂浩隆
    発達障害のバイオマーカー、pp247-249
    子ども・大人の発達障害診療ハンドブック年代別に見る症例と発達障害データ集(内山登紀夫編),
    中山書店, 2018.01
  2. 岡本悠子、小坂浩隆
    ASDの脳画像、pp238-240
    子ども・大人の発達障害診療ハンドブック年代別に見る症例と発達障害データ集(内山登紀夫編),
    中山書店, 2018.01
  3. 小坂浩隆
    オキシトシン治療:期待できることと限界について、pp193-194
    最新醫學別冊 診断と治療のABC 130 発達障害(神尾陽子編),
    最新医学社, 2018.01

著書2017

  1. 小坂浩隆
    インタビュー「発達障害」をめぐる素朴な疑問、 59(12): 24-33
    月刊自治研, 自治労出版センター , 2017.12

著書2016

  1. 石飛信小坂浩隆、神尾陽子
    ASD: 薬物療法と注意点 pp90-91
    データで読み解く発達障害(平岩幹男、岡明、神尾陽子、小枝達也、金生由紀子編),
    中山書店, 2016.05

著書2014

  1. 小俣直人, 水野智之, 三屋博宣, 和田有司
    躁はうつの延長にある−気分障害における神経可塑性と神経系への負荷との多軸的評価の試み、37-48
    Bipolar Disorder 12, (株)アルタ出版, 2014.06
  2. 小坂浩隆
    自閉症とトラウマ =思春期以降= pp108-114
    子どものPTSD —診断と治療—(友田明美、杉山登志郎、谷池雅子編),
    診断と治療社
    , 2014.05

著書2011

  1. 和田有司
    新しい抗てんかん薬、629-631
    精神医学キーワード事典,
    中山書店, 2011.07
  2. 寺井堅祐・高橋哲也 
    脳機能測定 808-809
    ストレス科学事典
    実務教育出版(日本ストレス学会・財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 監修),2011.06

著書2009

  1. 小坂浩隆
    実症例39 リスペリドンからの時間をかけたスイッチングにより症状の改善と副作用の軽減が認められた1症例, 90-91
    メディカルレビュー社, 2009.05

著書2008

  1. 小坂浩隆
    Ⅰ.検査の実際とデータの意義 2.fMRI pp20-33
    専門医のための精神科臨床リュミエール2 『精神疾患と脳画像』(福田正人編,
    中山書店, 2008.06

 

このページのトップへ

学会発表

学会発表2021

  1. 小坂浩隆
    総合病院精神科医の歩むべき道
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
    会長講演
  2. 福元進太郎
    精神医学と音楽
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
    シンポジウム
  3. 水野智之
    周産期メンタルヘルス―非薬物療法を中心に
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
    シンポジウム
  4. 水野智之
    オープンダイアローグの福井での実践可能性の検討
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
    シンポジウム
  5. 福元進太郎
    オープンダイアローグの福井での実践可能性の検討
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
    シンポジウム
  6. 福元進太郎
    コロナ禍における精神科病棟・緩和ケア病棟の揺らぎと取り組み
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.20, 福井
    シンポジウム
  7. 神谷拓、丁ミンヨン、幅田加以瑛、塩津大地、大森一郎、小坂浩隆
    自閉症スペクトラム症の脳白質繊維が感覚処理に及ぼす影響
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
  8. 石橋佐枝子、牧野拓也、中道秀尚、鈴木太、西山毅、鷲見聡、小坂浩隆
    K-SADS-PL-5素行症・反抗挑発症モジュールの尺度特性研究
    第34回日本総合病院精神医学会総会, 2021.11.19, 福井
  9. 松本日和、清野泰、水野智之、三田香代、小坂浩隆、小俣直人
    社会的孤立の負荷期間延長が恐怖関連行動に与える影響
    第40回 躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2021.10.23, Web開催
  10. 丁 ミンヨン
    Genetic-Neuroimagingにおける自閉スペクトラム症の感覚評価
    第117回日本精神神経学会学術総会, 2021.09.19, 京都
  11. 小坂 浩隆
    成人期ASDのバイオマーカー
    第117回日本精神神経学会学術総会, 2021.09.21, 京都, シンポジウム
  12. 渡真利眞治石橋知明、武藤悠平、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    ステロイド誘発性精神病患者の治療拒否と限定的無能力: 症例報告
    第117回日本精神神経学会学術総会, 2021.09.19, 京都
  13. 森鉄也、黒﨑隼平、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    外傷性てんかんの長い病歴を持つ認知症高齢者に出現したhead shaking:症例報告
    第117回日本精神神経学会学術総会, 2021.09.19, 京都
  14. 納谷 憲幸, 西垣 信裕, 酒井 千賀, 辻 敏永, 小坂 浩隆
    注意欠如・多動症特性を有する成人の生活上・医療上の負担
    第117回日本精神神経学会学術総会, 2021.09.19, 京都
  15. 渋川隆之介、福岡彩加、渡真利眞治、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    パーキンソニズムとRBDがないDLB女性のバイオマーカー所見:症例報告
    第198回 北陸精神神経学会, 2021.08.29, 富山
  16. 神谷拓、丁ミンヨン、幅田加以瑛、塩津大地、大森一郎、小坂浩隆
    ASDにおける感覚処理の問題と脳白質微細構造との関係性
    第198回 北陸精神神経学会, 2021.08.29, 富山
  17. 渋川隆之介、福岡彩加、渡真利眞治、上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    パーキンソニズムがないprobable DLB女性の脳画像
    第74回デメンシアカンファレンス, 2021.07.20, Web開催
  18. 本多由樹水野智之森鉄也上野幹二大森一郎小坂浩隆
    うつ病発症後ひきこもりを呈した中年女性:症例報告,
     197 回 北陸精神神経学会, 2021.3.14, 金沢

学会発表2020 

  1. 小坂浩隆
    児童青年期精神医学・発達障害(マラソンレクチャー)
    第33回日本総合病院精神医学会総会, 2020.11.20, Web開催
  2. 藤岡 徹、滝口 慎一郎、藤澤 隆史、松﨑 秀夫、友田 明美、小坂 浩隆
    自閉スペクトラム症の目領域への注視に不安 / 抑うつが与える影響の発達段階での違いについて,
    第61回日本児童青年精神医学会総会, 2020.10, Web開催
  3. 丁 ミンヨン幅田 加以瑛神谷 拓大森 一郎小坂 浩隆
    脳科学・遺伝学的アプローチにおける自閉スペクトラム症の感覚特性の評価
    第61回日本児童青年精神医学会総会, 2020.10, Web開催
  4. 幅田 加以瑛丁 ミンヨン神谷 拓大森 一郎小坂 浩隆
    自閉スペクトラム症の感覚異常と脳皮質厚の関連性
    第61回日本児童青年精神医学会総会, 2020.10, Web開催
  5. 小坂 浩隆
    ADHD の適正診断について(共催セミナー)
    第61回日本児童青年精神医学会総会, 2020.10, Web開催
  6. 福元 進太郎、松村 由紀子、椎野 智子、上野 幹二大森 一郎小坂 浩隆
    トラウマを有する双極 II 型障害患者に対する EMDR の試み
    第116回日本精神神経学会学術総会, 2020.09.28
  7. 神谷 拓三崎 真寛上野 幹二大森 一郎小坂 浩隆
    うつ病が背景にあり、側頭葉てんかん症状が見逃されていた高齢女性
    第116回日本精神神経学会学術総会, 2020.09.28
  8. 小坂 浩隆
    精神科分野における経頭蓋直流刺激(tDCS)の実用性と今後の展望 ―本邦における tDCS 臨床研究の進捗(指定発言)
    第116回日本精神神経学会学術総会, 2020.09.29
  9. 藤田綾香、岩渕俊樹、涌澤圭介、伊藤大幸、鈴木勝昭、小坂浩隆、辻井正次、土屋賢治
    自閉症スペクトラム障害の感覚処理パターンと顔認知課題遂行中の紡錘状回の活動との関連
    第123回日本小児精神神経学会、東京、2020.06
  10. 小坂浩隆
    自閉スペクトラム症児者への薬物療法と臨床研究
    第77回日本小児神経学会北陸地方会, 2020.02(特別講演)

学会発表2019 

  1. 幅田加以瑛丁ミンヨン、塩津大地、大森一郎小坂浩隆
    自閉スペクトラム症の脳形態的な特徴 ~成人男性ASDの大脳皮質厚と表面積~
    第60回日本児童青年精神医学会総会,  2019.12
  2. 岡田 優、田邉のぞみ、鈴木 太、小坂浩隆、大倉勇史
    ADHD児の身体的特徴 東京都立小児総合医療センターにおける後方視的研究
    第60回日本児童青年精神医学会総会, 2019.12
  3. 塩津大地、丁ミンヨン幅田加以瑛大森一郎小坂浩隆
    拡散テンソル画像(DTI)を用いた神経線維の微細構造が感覚特性に与える影響について
    第60回日本児童青年精神医学会総会, 2019.12
  4. 福元進太郎松村由紀子、鈴木 太、大森一郎小坂浩隆
    虐待に対する介入を行うことで幻聴症状が寛解した7歳男児
    第122回日本小児精神神経学会, 2019.11
  5. 小坂浩隆
    発達障害の二次障害の対応・薬物治療
    第23回日本精神保健・予防学会学術集会, 2019.11(シンポジウム)
  6. 小坂浩隆
    小児期ADHDから成人期ADHDへの繋がり
    AsCNP/JSNP/JSCNP2019,福岡, 2019.10(シンポジウム)
  7. 幅田加以瑛上野幹二、大森一郎、小坂浩隆
    パニック障害や部分発作との鑑別が困難だった発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ:症例報告
    第53回日本てんかん学会学術集会, 神戸, 2019.10
  8. 岡田 優、鈴木 太、小坂浩隆
    母娘で発達特性がある家族の支援
    第7回成人発達障害支援学会2019.10
  9. Okazawa H, Maruyama R, Jung M, Ikawa M, Mori T, Makino A, Kiyono Y, Kosaka H.
    Simultaneous evaluation of molecular imaging and functional MRI using PET/MRI in Alzheimer’s disease.
    World Molecular Imaging Society 2019, Quebec, Canada, 2019.09
  10. 丁 ミンヨン、岡沢 秀彦、小坂 浩隆
    痛覚認知課題における痛覚の神経基盤
    日本心理学会第83回大会,大阪, 2019.09
  11. 岡本悠子、北田亮、河内山隆紀、成瀬廣亮、宮原資英、牧田快、岡沢秀彦、小坂浩隆
    身体部位の脳内表象は大人と子どもで異なるか?
    日本心理学会第83回大会, 大阪, 2019.09
  12. 福元進太郎松村由紀子、片山寛人、岡田 優上野幹二大森一郎小坂浩隆
    幻聴を訴えた7歳男児に被虐待歴が判明した一例
    第196回北陸精神神経学会, 金沢, 2019.08
  13. 岡田 優森 鉄也 、鈴木 太、小坂浩隆
    成人女性の発達障害 幼少期に診断されなかった症例について
    第196回北陸精神神経学会, 金沢, 2019.08
  14. 幅田加以瑛丁ミンヨン大森一郎小坂浩隆
    大脳皮質厚と表面積から見た成人ASD の脳形態的な特徴
    第196回北陸精神神経学会, 金沢, 2019.08
  15. 福岡彩加、武藤悠平、水野智之三崎真寛上野幹二大森一郎小坂浩隆
    EMDR によるトラウマ処理が著効した成人女性
    第196回北陸精神神経学会, 金沢, 2019.08
  16. 小坂浩隆
    自閉スペクトラム症の視覚的選好と疼痛感覚について
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  17. 武藤悠平上野幹二小坂浩隆大森一郎
    前頭葉症状を呈した脳梁菲薄化を伴うクッシング症候群の一例
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  18. 幅田加以瑛大森一郎上野幹二小坂浩隆
    電気けいれん療法の通電直後にたこつぼ型心筋症を発症した老年期女性:症例報告
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  19. 石橋知明福岡彩加大森一郎上野幹二小坂浩隆
    拒否が著しく入院後、治療導入に難渋した神経性やせ症女子中学生:症例報告
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  20. 野口佳那、成田耕介、末積麻衣、成本迅、酒井雄希、小坂浩隆
    気分障害を対象とした修正型電気けいれん療法前後におけるMRI画像変化に関する検討
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  21. 加藤康彦、桑原斉、岡田俊、棟居俊夫、黒田美保、児島正樹、Yassin Walid、ベナー聖子、江里口陽介、亀野陽亮、村山千尋、由比光子、尾崎紀夫、小坂浩隆、山末英典
    自閉スペクトラム障害におけるメタボロミクスの特徴とオキシトシンによる変化について
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  22. 村山千尋、桑原斉、岡田俊、棟居俊夫、黒田美保、児島正樹、ヤシンワリド、ベナー聖子、江里口陽介、亀野陽亮、加藤康彦、由比光子、増田潤一、尾崎紀夫、小坂浩隆、山末英典
    自閉スペクトラム症の成人男性へのオキシトシン投与効果とキヌレニン経路の関係(予備的検討)
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  23. 小坂浩隆丁ミンヨン大森一郎松村由紀子水野智之上野幹二武藤悠平三崎真寛岡田優石橋知明幅田加以瑛福元進太郎神谷拓森鉄也福岡彩加.
    福井大学精神医学講座の「自閉スペクトラム症の脳画像研究」
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  24. 小坂浩隆藤岡徹丁ミンヨン大森一郎松村由紀子水野智之上野幹二武藤悠平三崎真寛岡田優石橋知明幅田加以瑛福元進太郎神谷拓森鉄也福岡彩加.
    福井大学精神医学講座の「自閉スペクトラム症のバイオマーカー研究・オキシトシン投与研究」
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  25. 水野智之小俣直人松本日和三田香代小垣内咲子、清野泰、小坂浩隆.
    福井大学精神医学講座の「気分障害モデル動物における中枢神経系の神経可塑性および酸化ストレスの定量評価研究」
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  26. 小坂浩隆大森一郎松村由紀子水野智之上野幹二田中悠二武藤悠平三崎真寛岡田優石橋知明幅田加以瑛福元進太郎神谷拓森鉄也福岡彩加、森本武志、鈴木太、杉山登志郎.
    福井大学病院連携施設精神科専門医研修プログラムのご紹介
    第115回日本精神神経学会学術総会, 新潟, 2019.06
  27. Jung M, Kong J, Kosaka H.
    Brain science approach for Autism spectrum disorder.
    2019 Spring KSSE Conference, Seoul, Korea, 2019.06
  28. 木村友香理、藤岡徹丁ミンヨン小坂浩隆.
    自閉スペクトラム症成人は定型発達成人よりも発話時間が延びる傾向がある.
    日本言語聴覚学会, 大分, 2019.06
  29. Okazawa H, Ikawa M, Tsujikawa T, Kosaka H.
    Brain PET/MRI for evaluation of neurodegenerative diseases.
    The 13th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology.Shanghai, China, 2019.05
  30. 武藤悠平上野幹二大森一郎小坂浩隆
    前頭葉機能低下を呈した脳梁菲薄化を伴うクッシング症候群の一例
    第195回北陸精神神経学会 , 金沢, 2019.03
  31. 石橋知明福岡彩加上野幹二大森一郎小坂浩隆
    治療関係構築に苦慮した摂食障害の思春期女性:症例報告
    第195回北陸精神神経学会 , 金沢, 2019.03
  32. 幅田加以瑛大森一郎上野幹二小坂浩隆
    ECT直後にたこつぼ型心筋症を発症した老年期女性:症例報告
    第195回北陸精神神経学会 , 金沢, 2019.03
  33. Fujioka T, Tsuchiya KJ, Saito M, Sakamoto Y, Nakamura K, Choi D, Mizuno Y, Takiguchi S, TFujisawa TX, Jung M, Matsuzaki H, Tomoda A, Okato A, Hirano Y, Sasaki T, Yoshida T, Matsuo M, Saito DN, Kikuchi M, Maegaki Y, Katayama T, Kosaka H.
    Developmental changes of attention to social information in Autistic Spectrum Disorder from childhood to adolescence.
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019, Sydney Australia, 2019.02
  34. Jung M, Fujioka T, Kosaka H.
    Structural connectivity and resting-state brain activity of the lateral occipital cortex impact social communication deficit in boys with autism spectrum disorder
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019, Sydney Australia, 2019.02
  35. Jung M, Mizuno Y, Fujisawa TX, Takiguchi S, Kosaka H, Tomoda A.
    Machine learning and imaging genetics approach to ADHD
    The 7th World Congress of Asian Psychiatry 2019, Sydney Australia, 2019.02

このページのトップへ

===以前の学会発表===

学会発表2018

学会発表2017

学会2016

学会2015

学会2014

学会2011-13

学会2010年以前

プレスリリース

プレスリリース2016

  1. 2016.11.30Komeda H, Osanai H, Yanaoka K, Okamoto Y, Fujioka T, Arai S, Inohara K, Koyasu M, Kusumi T, Takiguchi S, Kawatani M, Kumazaki H, Hiratani M, Tomoda A, Kosaka H.
    Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders.
    Scientific Reports6: 37875, 2016.
    プレスリリース

プレスリリース2014

  1. Komeda H, Kosaka H, Saito DN, Mano Y, Jung M, Fujii T, Yanaka HT, Munesue T, Ishitobi M, Sato M, Okazawa H.
    Autistic empathy toward autistic others.
    Soc Cogn Affect Neurosci, 2015.02 ;10(2):145-52.
    プレスリリース
  2. Jung M, Kosaka H, Saito DN, Ishitobi M, Morita T, Inohara K, Asano M, Arai S, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Sadato N, Okazawa H, Iidaka T(名古屋大学、金沢大学との共同研究)
    Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits.
    Mol Autism, 2014.06 ;5:35
    プレスリリース

  3. Okamoto Y, Kitada R, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Munesue T, Ishitobi M, Saito DN, Yanaka HT, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Sasaki AT, Morita T, Itakura S, Kosaka H, Sadato N
    Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder.
    Neurosci Res, 2014.10 ;87:66-76
    プレスリリース
    1. Fujisawa TX, Tanaka S, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A.
      Visual attention for social information and salivary oxytocin levels in preschool children with autism spectrum disorders: An eye-tracking study.
      Front Neurosci, 2014.09 ;8:295
      プレスリリース

    プレスリリース2013

    1. Komeda H, Kosaka H, Saito DN, Inohara K, Munesue T, Ishitobi M, Sato M, Okazawa H.
      Episodic memory retrieval for story characters in high-functioning autism.
      Mol Autism, 2013.06 ;8:295
      プレスリリース

    プレスリリース2012

    1. Tanabe et al.(生理学研究所、金沢大学との共同研究)
      Hard to “tune in”: neural mechanisms of live face-to-face interaction with high-functioning autistic spectrum disorder.
      Front Hum Neurosci, 2012.09;6:268
      プレスリリース

    科研費・研究助成金

    平成24年度

    1. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
      統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究
      (研究代表者 和田)
    2. 科学研究費補助金若手研究(B)
      統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ
      (研究代表者 高橋)
    3. 科学研究費補助金若手研究(B)
      広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連
      (研究代表者 小坂)
    4. 科学研究費補助金若手研究(B)
      薬剤性高プロラクチン血症の新規治療法に関する臨床研究
      (研究代表者 石飛)
    5. 科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)
      向社会行動の神経基盤と発達過程の解明
      (研究分担者 小坂)
    6. 受託研究費(脳科学機能)文科省
      自閉症の病態研究と新たな診断技法(診断・予防・治療)の開発
      (研究分担者 小坂)
    7. 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
      地域に生きる高齢者のメンタルヘルス向上のための精神科医療と心理社会的支援に関する
      研究―在宅生活を困難にする精神症状に対する予防・早期介入―
      (研究代表者 東間)
    8. 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
      高齢者の創造性と老年期精神障害の発症予防メカニズムに関する多面的研究
      (研究代表者 高橋)
    9. 学長裁量経費・研究育成経費
      顔刺激による愛着障害の検討
      (研究分担者 小坂)
    10. 学部長裁量経費 (ライフサイクル医学推進学部長裁量経費)
      様々な世代での社会的孤立が情動に及ぼす影響
      (研究代表者 水野)
    11. トランスレーショナルリサーチ推進センター『学内共同研究等』
      小児同胞例を用いた発達障害における脳内神経ネットワーク障害の解明:非線形解析による脳生理学的検討
      (研究分担者 高橋)

    このページのトップへ

    2011

    1. 福井大学学長裁量経費・研究育成経費(競争的資金獲得を目指す研究支援)
      亜鉛欠乏によるうつ状態におけるノルエピネフリンの関与に関する基礎的研究
      (研究代表者 小俣)
    2. 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
      高齢者の創造性と老年期精神障害の発症予防メカニズムに関する多面的研究
      (研究代表者 高橋)
    3. 受託研究費(組織細胞形態学)文科省
      自閉症の病態研究と新たな診断技法(診断・予防・治療)の開発
      (研究分担者 小坂)
    4. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
      自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか
      (研究分担者 小坂)
    5. 科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)
      向社会行動の神経基盤と発達過程の解明
      (研究分担者 小坂)
    6. 科学研究費補助金若手研究(B)
      薬剤性高プロラクチン血症の新規治療法に関する臨床研究
      (研究代表者 石飛)
    7. 科学研究費補助金若手研究(B)
      広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連
      (研究代表者 小坂)
    8. 科学研究費補助金若手研究(B)
      統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ
      (研究代表者 高橋)
    9. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
      非ステロイド性抗炎症薬の神経保護と神経毒性に関する脳代謝画像研究
      (研究代表者 村田)
    10. 1) 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
      統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究
      (研究代表者 和田)

    このページのトップへ

    2010

    1. 研究助成金 平成22年度/福井大学競争的配分経費 気分障害におけるノルエピネフリントランスポーターの役割(研究分担者 小俣)
    2. 研究助成金 平成22年度/福井大学競争的配分経費 統合失調症における脳内ネットワーク障害に関する多面的研究(研究代表者 高橋)
    3. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C) (一般)児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究(研究分担者 小坂)
    4. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか(研究分担者 小坂)
    5. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)向社会行動の神経基盤と発達過程の解明(研究分担者 小坂)
    6. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連(研究代表者 小坂)
    7. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ(研究代表者 高橋)
    8. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)バルプロ酸の薬理作用と脳内代謝機能に及ぼす影響に関する研究(研究代表者 小俣)
    9. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)非ステロイド性抗炎症薬の神経保護と神経毒性に関する脳代謝画像研究(研究代表者 村田)
    10. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究(研究代表者 和田)

    このページのトップへ

    精神医学研究室

    TEL
    0776-61-8363
    FAX
    0776-61-8136