福井大学医学部

小児科学

診療内容紹介

当科では、感染症をはじめとした一般的な病気から、免疫・アレルギー、血液・腫瘍、代謝・内分泌、神経・発達・子どものこころ、循環器、未熟児・新生児領域の専門性の高い疾患まで対応できます。種々の領域の複数の臓器にまたがる疾患や、さまざまな合併症を伴いやすい難治性疾患に対して集学的な診療を行っています。

免疫・アレルギー部門では、気管支喘息、食物アレルギーなどのアレルギー疾患だけでなく、若年性特発性関節炎などの小児膠原病や、クローン病、潰瘍性大腸炎、原発性免疫不全症の診療を行っています。気管支喘息に対しては、呼吸機能に加え呼気中NO測定を取り入れた最新の治療を行い、食物アレルギーの診断には食物負荷試験を実施しており、凍結乾燥粉末を用いた盲目検法も取り入れています。また、高度医療の一環として免疫機能解析を食物アレルギーや原発性免疫不全症の診断のみならず、各種自己免疫疾患の病態解析、治療評価に応用しています。

血液・腫瘍部門は、日本小児白血病リンパ腫研究グループ、日本小児白血病研究会参加施設として最先端の臨床治療研究を行なっており、県内唯一の小児造血幹細胞移植が実施可能施設として難治症例の治療を行っています。また、他の部門と協力し原発性免疫不全症や先天性代謝異常症に対する造血幹細胞移植にも携わっています。

代謝・内分泌部門では有機酸およびアミノ酸代謝異常症のタンデム質量分析装置による診断で国内の中心的施設となっています。また、患者教育活動の一貫として毎年、福井県小児糖尿病サマーキャンプを開催しています。

神経・発達部門は小児神経・筋疾患はもとより注意欠陥多動性障害、広汎性発達障害などの診療を行っています。また、福井県自閉症きょうだいの会活動に協力支援を行っています。子どものこころの問題に関しては、附属病院の「子どものこころ診療部」と連携して診療にあたっています。

未熟児・新生児部門はこれまで総合周産期母子医療センターのNICU・GCUを担当しています。NO吸入療法や脳低体温療法などを導入し、呼吸機能不全や仮死で生まれた新生児の治療成績の向上を目指しています。

腎臓部門は他の関連病院と連携し、腎炎やネフローゼ症候群の難治例、先天性尿路奇形などの診療にあったています。

小児科の紹介記事をご覧いただけます

小児科学研究室

TEL
0776-61-3111
FAX
0776-61-8129
Webサイト
http://www.med.u-fukui.ac.jp/SHOUNI/